遊戯王オンライン雑記

オンラインは終わっても遊戯王は終わらない
<< ZEXAL第19話 | main | ラボメンデッキ001 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
2011/9/1 OCG制限改訂
 近年稀に見るサプライズ改訂

が制限強化
が制限緩和

新禁止
ハリケーン
弾圧
メンタルマスター
フィッシュボーグ

新制限
開闢
大嵐
シンクロシエン
狼煙
貪欲
ライブラ
デブリ
ロンファ
フォーミュラ
原初の種

新準制限
マイクラ
リビデ
サモプリ
ドゥローレン
Dドロー
護封剣
トラゴ
ネクガ

新無制限
裁き
サイクロン
死霊
バーロー
巨大化
バインド
GBA


まずはなんといっても開闢の制限復帰に触れざるを得ない。
かつて混沌帝龍ともども一世を風靡したエースモンスターであり、あまりにも強すぎたことから長らく禁止カード入りしていた。
召喚条件の緩さ、効果の強さ、光であり戦士というサポートの豊富さを考えるともう禁止からは出られないと多くの人が思っていたはず。
だが今の環境で実際使ってみると案外ありなのか?とは思えるあたり、環境インフレの凄まじさを実感できる。
さっそくオンラインでこの制限に対応したライトロードを身内で回してみたけど、確かに効果は強いんだけど後ろ割れないのがなーと思ってしまうのは贅沢の極みか。
というかライロにつっこむとどうしても3積みできてしまう裁きの出番が多すぎるんだよね。
おそらく開闢が真に活躍するのは昔ながらのカオスデッキだろう。
関連事項としてライロにも触れておくと、やっぱ裁き3枚積めるのはそうとう強い。
初手率が半端ないし落ちやすいうえに死者転生で拾えるし、サブエースとしてダムドと開闢どころかトラゴや皿までをも抱えてるとかマジキチレベル。
てかなんだサブエースって。
ゲームエンド級のフィニッシャーが何枚入るんだよ。
もともとあんまり伏せないライロにとって大嵐サイクロンの緩和はむしろ追い風。
しかもネクガによる守りの堅さが増したし、久々にトップメタに君臨しそうだ。

他の禁止に触れるとフィッシュボーグとメンマスというレベル1チューナー2体が禁止になっているのが目を引く。
どちらも1ターン中の効果使用制限がなく、ぐるぐる回すループ系コンボができてしまうための禁止だろう。
それというのもフォーミュロンが悪い気もするのだが……。
そしてハリケーンと弾圧の禁止である。
大嵐が制限でありながら本来下位互換であったはずのハリケーンが禁止という面白い環境。
当然理由は破壊とバウンスの違いで、大嵐ならスタダやスタロで止まるけどハリケは止まらないという点で差がついたのだろう。
そして弾圧は自分が特殊召喚するデッキですら入ってしまうこと、あまりに特殊召喚するデッキが増えすぎたことによる影響力を考えての禁止か。
弾圧1枚で動きが止まるデッキは数知れない。
これもまた時代を反映する禁止カードと言えよう。

では他の新制限について語ってみよう。
まずはトップメタの一角であった新六武への規制。
キザンやカゲキあたりにも規制がくるかと思っていたが、実際に規制されたのはシンクロシエンと狼煙のみ。
もちろんこれでも痛手だがまだ回らないわけじゃない。
相変わらずの展開力とシエンによる抑止力はあるわけで、今後ライトロードとどれだけ渡り合えるかが鍵か。
あとはライブラフォーミュロンのクェーサーセット、デブリロンファの植物出張セットが規制されている。
これもまぁ流行り過ぎたがための規制であり仕方ないね。
貪欲は何かと制限準制限無制限を行ったり来たりしてるカードだが、果たしてこれで落ち着くのだろうか。
原初の種に関しては規制するほどの強さはないが、おそらく2枚以上あることによるループコンボを事前に封じているのだろう。
簡単な例を挙げると場に開闢と機械族及びマクロコスモスなどの全体除外があり、且つ除外ゾーンに原初の種がある状況でリミッター解除と原初の種が手札にあれば、リミッター解除を好きなだけループさせられるわけだ。
開闢現役当時でも特別使われていたコンボではないが、当時よりも除外の利用が楽になっているし念のための規制だろう。

新準制限ではリビデと護封剣の緩和が目立つ。
なにせどちらもかなり長い期間制限でとどまっていたカード、リビデに至っては禁止入りの経験すらあるというのに準制限だ。
これもまた環境インフレを如実に表してる改訂だろう。
その他、猫の死亡によりご無沙汰になっているサモプリ、同じく最近あまり活躍してないディアボを擁するDドローが緩和されている。
ドロー系カードはちょっと緩くすると悪用されかねないものの、まぁDドローなら対象が狭いしいいのかな。

新無制限組はかつての1killパーツであった巨大化やバーローであったり、アドの塊とさえ言われていた死霊であったりが無制限に。
さらに強力なロックパーツであるはずのバインドも制限から一気に無制限へと緩和された。
これに関してはレベルを見ているということから、エクシーズモンスターで突破できるからだろうか。
その理屈からいくとB地区も緩和されそうなものだが、魔法と罠では魔法の方が対処しづらいがための制限維持かな?
まぁこれも今期の様子を見て来期以降の緩和もありうるか。

全体的に見て大嵐の制限復帰によるベタ伏せ環境の終焉、というか原点回帰がなされ、さらにサイクロンの無制限化に伴う後ろの割れやすさが加速している。
魔法・罠に依存するタイプのデッキにとっては向かい風、逆に後ろの露払いをしてからワンショットで決めるタイプのデッキにとっては追い風となる改訂だ。
となるとやはりその最たるデッキであるライトロードに今後の注目が集まるだろう。
それ以外に規制されたとはいえまだまだいけそうな真六武、ノータッチの代行天使あたりがトップメタになるのではなかろうか。
クェーサーに関してはかなりギミックを殺されてしまったが、まだ出す手段がないわけでもないし出てしまえばやっぱり強いので台風の目ポジションだろう。
個人的にはインフェルニティバリアとジェネラルが来る予定のIFに期待したい。

| STRIDER | 感想 | 00:00 | comments(3) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - |
裁きも大嵐もつぶせるスタロさんやIFバリアや
六武の玉が必須ということなの?
ありそうなタイミングでマイクラオラァでもいいけど
マイクラって制限だし
奈落+スタロ伏せだと2回まで裁きつぶせる可能性
あるけど3枚目は無理w
エクシーズに全く触れさせないルール変更に
なにか違和感がw
| tan | 2011/08/18 5:55 PM |

まあこれからもエクシーズを推して強化する感じになっていきますよね
そのためにエクシーズよりいろいろと優れているシンクロを規制するのは仕方ないですね
でもまだこの程度じゃシンクロ>エクシーズなのがやはりというかなんというか
| た | 2011/08/19 9:05 AM |

>tanさん
マイクラは準になりましたよっと。
まぁ今は手札から干渉できるヴェーラーとかフェーダーがいるし、そっちにがんばってもらうのもありかも。

>たさん
ようやく少しずつエクシーズでも使えるのが出てきたって状態ですからね。
レベルを持たないってのが実にいいバランスなんだけど、だからこそ悪用しにくいからシンクロに押され気味というジレンマ。
| STRIDER | 2011/08/21 7:55 PM |










   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ
DVDオーサリング | 映像制作 [PR]映像制作 | キャッシング|ペット保険|消費者金融