遊戯王オンライン雑記

オンラインは終わっても遊戯王は終わらない
<< ZEXAL第67話 | main | ZEXAL第68話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
2012/9/1制限改訂
 情報自体は1週間くらい前から出まわってたけど、ようやくVJにて自分の目で確認したので。
・新禁止
ブリューナク
未来融合

・新制限
ガストクラーケ
ダンセル
ホーネット
カオス・ソーサラー
スポーア
発条空母ゼンマイティ
月読命
レダメ
血の代償

・新準制限
アース
デブリ
カルート
レスキューラビット
Eエマージェンシーコール
強欲謙虚
召集の聖刻印
ヒーローアライブ
名推理
ミラフォ
デスガイド

・新無制限
ネクガ
マシュマロン
緊テレ
Dドロー
護封剣
B地区
魔法の筒



最近のカードについてはあまりよくわからないが、虫とセイコク、あとイビリチュアに規制がかかったように見受けられる。
まあ虫は世界大会でも使用率ぶっちぎり1位だったみたいだし、仕方ないね。
あと虫に有利に戦えるEーHEROも規制がかかっている。
Eやアライブに規制がかかるようになるとは、これが時代か。

あらためて上から見ていくと個人的にブリュの禁止はシンクロ抑止の思惑を感じずにいられない。
実際強いしループのキーカードだったりするから仕方ないといえばそうかもしれないが、これでゴヨウ、トリシュとならんでシンクロの定番枠だったカードが軒並み禁止になったわけだ。
こんだけ潰されたらもうシンクロするよりエクシーズしたほうがいいってなるわな。

遂に禁止から帰ってきた月読命だが、これに関してはむしろ遅すぎたとさえ思える。
もっと早い段階で戻ってきてよかったと思うし、そもそも制限ですらなく無制限でもいいだろう。
スピリットという性質上複数あっても手札で腐りやすく、カオス全盛期であっても1枚が主流、多くても2枚という構築がスタンダードだったと記憶している。
同じく禁止からの復帰組であるスポーアはバルブと違ってこれ単体では蘇生できないからだろう。
ダンディライオンも制限だし、かつての植物出張セットでお手軽シンクロとはいかないのも復帰の理由か。

準制限組みだとミラフォについて言及せざるを得ない。
一時期は禁止にさえなったカードだが、いまとなっては後ろを取り除く手段が豊富だし、なんだかんだで幽閉の方が厄介だったりと制限の貫禄はなくなってきていた。
激流葬とあわせて全体除去の投入可能枚数が増えたが、今の環境だとそれでも成り立っちゃうんだなぁ。
もうこのままサンボルも復活させて・・・はさすがにないか。

新無制限は全体的にデュエル速度を低下させるものが多く、今の速すぎる環境を少し遅くしようということだろうか。
それとももはやこの程度では止まらないので制限にする意味がないということか。
緊テレとDドローも遅すぎた緩和だと思う。
メンマスのいないサイキックなど恐るるに足らないし、かつて隆盛したコアガジェも今となっては脅威ではないのだろう。

はてさて、今後の遊戯王はどうなることやら。
| STRIDER | 感想 | 00:00 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

このページの先頭へ
DVDオーサリング | 映像制作 [PR]映像制作 | キャッシング|ペット保険|消費者金融